【ヘアケアの基本】正しいシャンプーの仕方

こんにちは、Rangaliの高戸です!
高戸賢一の自己紹介は以下の記事をご覧ください。

正しいシャンプーの仕方

今日は正しいシャンプーの仕方について。

女性であれば誰でも綺麗な髪の毛に憧れがあると思います。
特に最近はマスクをする機会も多いと思うので顔が見える面積が小さくなるので髪の毛に注目がいきやすくなるかもしれませんね。

ヘアケアの基本はまず正しいシャンプーから

綺麗な髪の毛にするには正しいヘアケアが必要になります!
そのヘアケアの第一歩として大事なのが【正しいシャンプー】になります!

誰もが毎日するシャンプー。

だからこそちゃんとする人と適当にする人で差が出てきます。

スキンケアもそうだと思うのですが、まずはベースのケアが大切です!

結んだり、スタイリング剤がついている場合はまずはブラシでとかしてから

お風呂に入る前にまずはブラシでとかします。
特にスタイリング剤がついていたり、結んでいた場合は必ずした方がいいです。

使うブラシも重要で、目が細かすぎるブラシは無理に引っ張る可能性があるので、目の粗いブラシを使います。

地肌から毛先に向かって軽くブラッシングします。

これだけで汚れがある程度落ちて、さらにシャンプー時の絡まりを予防できます!

この下準備をするだけでも違いが出てきます。

お湯でしっかり予洗い

まずは予洗いから。

熱すぎるお湯は頭皮への負担があるので38度ぐらいを目安にしっかりと予洗いします。

シャワーを頭皮に近づけてしっかりと地肌までお湯が行き渡るように髪の毛をかき分けて流していきます。

地肌を擦りすぎず優しくしっかりと流していきます。

この予洗いで汚れはほとんど落ちていきます!

予洗いがしっかり出来ると泡立ちも良くなります。

しっかりと泡だてて優しくマッサージするようにシャンプー

いよいよシャンプーに入ります。

高戸
ようやく本題です!

予洗いが終わったら軽く水気を絞ってシャンプー剤をつけていきます。

手のひらで軽く泡だててから根元の方につけていきます。
しっかりと空気を包み込むようにして泡だてます。

もっちりとした泡が出来たら完璧です!
手のひらをひっくり返しても落ちないような泡です。

しっかりと泡立ったら頭皮をマッサージするように優しくシャンプーします!
この時ゴシゴシとするイメージをお持ちの方が多いと思いますが、ゴシゴシしすぎると頭皮を傷つける可能性があるので優しくマッサージするように洗っていきます。

毛先に関しては軽く泡をなじませる程度で汚れが落ちるのでゴシゴシしないように気をつけて下さい。
髪の毛のダメージにつながってきます。

流し残しが無いようにしっかりとすすぐ

シャンプーが終わったらすすぎに移りますが、油断はまだ禁物です!

流し残しが無いようにしっかりとすすぎます。
最初の予洗いの2倍ぐらいが目安です。

このすすぎがしっかりと出来ていないと頭皮に汚れが残ったままになりニオイや痒み、フケの原因にもなってきます。

高戸
このすすぎが甘い人が意外と多いのでお気をつけ下さい

トリートメントは毛先につけて軽く流し

最後にトリートメントです。
トリートメントは毛先につけていきます。

もし引っかかっている方はこの時に目の粗いクシでとかしてあげると滑らかになります。

トリートメントの流しは軽めで大丈夫です!

これでようやく終了です!

高戸
お疲れ様でした!

長くなりましたが習慣にしてしまえばそこまで負担にはならないと思います!

日々の積み重ねで綺麗な髪の毛を手に入れる事が出来ますので毎日少しずつ出来ることから頑張りましょう!

ドライヤー編もよかったらご覧下さい!

ご予約や相談は気軽にLINE(ライン)をご利用ください(^^)
高戸予約専用公式LINE

LINE@ID『@nwc1110k』

インスタも更新してますので、ご覧ください!

オーダーメイドシャンプー&トリートメント『MEDULLA』(メデュラ)2000円オフで買えます♪

MEDULLA特別クーポン
クーポンコードは【Rangalit】